閉じる
閉じる
閉じる
  1. FGO:予告・デッドヒート・サマーレース!~夢と希望のイシュタルカップ…
  2. 刀剣乱舞:小竜景光のゲーム内ステータス・レシピ情報
  3. 刀剣乱舞:新刀剣男士「小龍景光」発表!
  4. 刀剣乱舞:毛利藤四郎ステータスについて。大阪城終わりましたね…
  5. FGO:マンガで分かるバーサーカー! リヨ鯖まさかの実装!
  6. FGO:サーヴァント強化クエスト&新イベント実装予定
  7. 刀剣乱舞:短刀極 戦闘バランス調整
  8. 刀剣乱舞:初期脇差4振り「極」実装!&毛利君来ません。
  9. 艦これ:睦月型7番艦文月改二実装!夏イベ準備は大丈夫っぽい?
  10. FGO:高難易度クエスト攻略「ビーストさん」徹底攻略Ver,天草耐久寄…
閉じる

刀剣乱舞情報まとめブログ

刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム

刀剣乱舞:艦これ:二つの違いと相違性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は艦これをしにDMMにログインしたら刀剣乱舞のリリースを見つけて始めた初日組の一人ですが事前登録とかまったく知らなかった人です。というか、あの日艦これにログインしてなかったらどうなっていたんだろうと思います。それにリリース開始初日と刀剣乱舞所見が一緒ってどうなんだ…

今回は少し、攻略から離れて艦これとの違いについてです。システムなどは似ているものの、二つの違いは船か刀か、海か陸か。という点。すごいざっくり。後は艦これは実際の旧日本軍の船を女性の姿で擬人化したもの。
刀剣乱舞は実際に存在していたり、されていたとされる日本刀を男性の姿で擬人化したもの。
艦これは男性向けでありながら、女性プレイヤーが存在するなど今では男女問わず人気のネトゲーの一つ。

一方、刀剣乱舞は女性向けでプレイヤーも女性の割合が圧倒的。中には少数ではありますが男性プレイヤーもいるよう。しかし、艦これは男性が多いが女性プレイヤー人口がそれに負けるとも劣らず、多い。ここがプレイヤーの男女比の違いだろう。

今回はそんな艦これと刀剣乱舞の違いをざっくりとではありますがやっていきます。
まず、主な用語としてプレイヤーの呼び名。
艦これ:提督…これは恐らく実際の船の責任者、船長のようなものが提督であったから来ているものだと思います。
刀剣乱舞:審神者…さにわと読みます。最初はゲームオリジナルのものだと思っていた人も多いでしょう。これは実際にある神職。簡単に言えば神様の言葉、神託と呼ばれるものを受け、神意を伝える者のことを言います。神様から受けた言葉とその意思を伝えるというものらしいです。

次に基本的な部分の用語。
艦娘:かんむす:艦これにおけるキャラ。実在の駆逐艦や空母、戦艦を擬人化している。
資材:しざい:艦娘達が戦う為のもの。その他、装備や健造等にも必要になってくる
刀剣男士:とうけんだんし:刀剣乱舞におけるキャラ。日本刀として存在していた、もしくはしていたという刀を擬人化している
資源:しげん:鍛刀や装備を作るほか、手入れにも必要なもの

▼戦闘システムの違い
二つのゲームシステムは類似している。というか、ほぼ一緒。しかし、違う部分も多い。
まず、戦闘では第1~4部隊、もしくは艦隊まで存在。刀剣乱舞では出陣、遠征に行っても資源は減らない。その為、補給をする必要がない。しかし、艦娘は元は船。船には動かす為の燃料が必要となるので出撃、遠征、演習などの戦闘に関するものを行うと資材を補給してあげる必要がある。

次に資材と資源について。
艦これ:資材:燃料、弾薬、鋼材、ボーキサイト。いかにも戦闘向きなものばかり。
→建造:開発資材:艦娘を新しく建造する、装備品を作る時に必要
→高速修復材(バケツ):修復を完了させる、高速建造材:(バナー):建造を完了させる
刀剣乱舞:資源:木炭、玉鋼、冷却材、砥石。刀を作る時に使われるもの。
→鍛刀(たんとう):依頼札:刀剣男士を新しく鍛刀する。刀装作成時には消費されず、鍛刀専用。
→手伝い札:鍛刀、手入れを完了させる。艦これのバケツとバナーが一緒になった感じ。

一旦、記事を区切りますますね。
(建造で中々でなかった加賀さんと扶桑さんがドロップであっさり来るとか思ってなかった)


刀剣乱舞-ONLINE- ブログランキングへ

刀剣乱舞-ONLINE- オンラインゲーム  

関連記事

  1. 「市中遠征で不動君捜索、きっと迷子なんだ」刀剣乱舞イベント攻略そ…

  2. 刀剣乱舞:秘宝の里in2016「先生、楽器が集まりません…」

  3. 「2017艦これ春イベ:E3ゲージ戦力ゲージ」艦これ春イベ攻略

  4. 刀剣乱舞:大阪城イベントはどうでしたか?

  5. 艦これ:夏だ!カレクルだ!オリョクルだ!育成の夏!

  6. 艦これ:新任務追加&熊野改二、攻撃型軽空母について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る